1
2
3
特別展連続講座「近世後期における“海”」(全5回)
特別展連続講座「近世後期における“海”」(全5回)
8月3日 全日
特別展「北からの開国」と同時代の日本と海外の関係を、展示内容から少し離れた視点から語ることでプラスアルファの「知」を提供します。”海”が自然の要害から異国と日本を結ぶ路となった近世後期を対象に、専門の研究者が多角的に論じます。 日時 2019年7月20日, 27日, 8月3日,24日,31日(土)(連続講座 全5回) 各回 午後2時~4時 演題 第1回 7/20  「近世後期における北方へのまなざし」 第2回 7/27  「近世後期の漂流民・漂流記と蘭学者」 第3回 8/3    「近世後期における洋式軍事技術の導入と展開―高島流砲術の創始から用兵・造砲・軍制の改革へ―」 第4回 8/24  「近世後期の江戸湾防備と忍藩・地域」 第5回 8/31  「近世後期の日露関係史とアイヌモシリ ―「蝦夷図」にみる認識と対抗―」 講師 第1回 7/20  嶋村 元宏 (当館主任学芸員) 第2回 7/27  松本 英治 氏(開成高等学校教諭) 第3回 8/3    梶 輝行  氏(横浜薬科大学教授) 第4回 8/24  澤村 怜薫 氏(行田市郷土博物館学芸員) 第5回 8/31  吉村 智博 氏(大阪人権博物館学芸員・国際日本文化研究センター客員准教授) 会場 当館講堂 定員 各回70名(申込み多数の場合は抽選。1回ごとの申込みも受け付けますが、連続講座のため、全5回お申込みの方を優先します。) 受講料 無料(ただし、初回受講日の特別展観覧券が必要) 申込 申込締切 備考 1回ごとでの参加をご希望の場合は、「往復はがき」又は「フォームメール」備考欄に参加希望のお日にちをご記載ください。
4
5
休館日
休館日
8月5日 全日
2019年 4月1,8,9,15,22,23日, 5月13,20,27日, 6月3,10,17,24,25日, 7月1,2,8,9,22,29日, 8月5,19,26日, 9月2,3,9,10,17,24,30日, 10月1,7,21,28日, 11月11,12,18,25,26日, 12月2,9,16,23,24,28,29,30,31日, 2020年 1月1,2,3,4,6,14,20,27,28日, 2月3,4,10,17日, 3月2,9,16,23,24,30日
6
ミュージアム・ミッション2019
ミュージアム・ミッション2019
8月6日 – 8月31日 全日
ミュージアム・ミッション2019
関内・山手・みなとみらい地区の博物館を舞台にした夏休みの子ども向けイベントです。博物館を巡って、それぞれの博物館のミッションにチャレンジ! 開催期間 2019年7月20日(土)~8月31日(土) 時間 開催各館の開館時間に準じます 対象 中学生以下の子ども ※大人の方も参加可能です(参加者プレゼントは中学生以下のみ) 参加費 無料 ※ミッションの内容により観覧料が必要な場合があります 事前申込 不要 ※開催各館等で配架される「ミュージアム・ミッションマップ」を手に入れてください 参加者プレゼント 各館のミッションをクリアすると、ミュージアム・ミッションマップにかかれたシルエットクイズの答えを貰えます。答えを集めた数によって、参加者プレゼントに応募できます ※応募は中学生以下の方のみ、一人1回までとさせていただきます。詳しくはミュージアム・ミッションマップ、または特設サイトをご覧ください 開催館 ・大佛次郎記念館 ・神奈川近代文学館 ・神奈川県立歴史博物館 ・JICA横浜 海外移住資料館 ・野毛山動物園 ・ニュースパーク(日本新聞博物館) ・放送ライブラリー 特設サイト
子ども向け「展示を観て海を学ぼう」
子ども向け「展示を観て海を学ぼう」
8月6日 – 9月1日 全日
特別展「北からの開国—海がまもり、海がつないだ日本—」に関連した子ども向け展示です。江戸時代の後期に開国通商を求めて日本に来航したロシアとの関係を中心に、日本の歴史にとって、海がどのような役割を持っていたのかを自分自身で考えてもらえるような内容の展示を行います。展示をより理解できるように特製ワークブックを用意しています。夏休みの自由研究などにも活用できるものです。 日時 2019年7月13日(土)~9月1日(日) 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで) ※特別展開催期間と同じです。 会場 コレクション展示室(無料ゾーン) 事前申込 不要 ワークブック 中学生以下の方を対象に、先着500部を総合案内で配付します。 (お一人様1冊まで)
7
【後期】北からの開国-海がまもり、海がつないだ日本-
【後期】北からの開国-海がまもり、海がつないだ日本-
8月7日 – 9月1日 全日
四方を海に囲まれた海国日本は、海が自然の要害となったことから、容易に異国船が接近できなかったこともあり、海外における戦争や紛争の影響を受けることなく「鎖国」政策による平和を享受することができました。しかし、18世紀に入ると、航海術や造船技術の発達により、異国船が日本近海に頻繁にその姿を現すようになります。海は異国と日本とを結ぶ路(みち)となったのです。そのような状況下において、日本と初の条約を締結したアメリカ東インド艦隊司令長官ペリーの来航より60年以上前の寛政3(1792)年、ロシアはラクスマンを派遣し江戸幕府へ開国通商を要求します。 幕府は、ラクスマンの来航に端を発し海岸防禦(海防)態勢が不備であることに危機感を募らせます。その後、文化元(1804)年のレザノフ来航や文化5(1808)年のフェートン号事件などの対外的危機が相次いだことから、全国的な海防態勢の強化を図りました。総延長約430キロの海岸線を有する神奈川県域においても、三浦半島を中心に多くの台場が築かれました。 そこでこの展覧会では、自然の要害として機能していた海が異国と日本とをつなぐ路へと、その役割が変容したことを踏まえつつ、アメリカに先立ち北から開国を求めたロシアとの関係を浮き彫りにするとともに、「鎖国」を維持するために構築された海防態勢を紹介することで、開国史の新たな視点を提供します。 [展覧会の詳細へ]
8
9
10
11
12
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」学芸員による展示解説
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」学芸員による展示解説
8月12日 全日
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」担当学芸員が、会場内で展示資料を目の前に解説をします。 開講日 2019年7月13日(土)~19日(金), 25日(木), 31日(水)、 8月12日(月・祝), 18日(日), 24日(土)* ,30日(金) 午後1時30分開始、*8月24日のみ午前10時開始 解説者 嶋村 元宏(当館主任学芸員) 会場 特別展示室 参加費 無料(ただし、当日の特別展観覧券が必要) 事前申込 不要
13
14
15
16
17
18
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」学芸員による展示解説
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」学芸員による展示解説
8月18日 全日
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」担当学芸員が、会場内で展示資料を目の前に解説をします。 開講日 2019年7月13日(土)~19日(金), 25日(木), 31日(水)、 8月12日(月・祝), 18日(日), 24日(土)* ,30日(金) 午後1時30分開始、*8月24日のみ午前10時開始 解説者 嶋村 元宏(当館主任学芸員) 会場 特別展示室 参加費 無料(ただし、当日の特別展観覧券が必要) 事前申込 不要
19
休館日
休館日
8月19日 全日
2019年 4月1,8,9,15,22,23日, 5月13,20,27日, 6月3,10,17,24,25日, 7月1,2,8,9,22,29日, 8月5,19,26日, 9月2,3,9,10,17,24,30日, 10月1,7,21,28日, 11月11,12,18,25,26日, 12月2,9,16,23,24,28,29,30,31日, 2020年 1月1,2,3,4,6,14,20,27,28日, 2月3,4,10,17日, 3月2,9,16,23,24,30日
20
21
ミュージアムトーク「今月の逸品」8月
ミュージアムトーク「今月の逸品」8月
8月21日 全日
毎月1回、当館学芸員が収蔵資料の魅力についてお話しします! 当館HP「今月の逸品」でも、毎月交代で逸品を紹介しています! 日時 2019年8月21日(水) 午後2時~ テーマ 日本列島最大級!縄文時代の「あたま」-土器の装飾?土偶?― 講師 千葉 毅(当館学芸員) 集合 常設展3階エスカレーター前 参加料 無料(ただし、高校生以上の方は当日の常設展観覧券が必要です) 事前申込 不要 備考 HP等にミュージアムトーク(8月)のテーマを「うまい?へた?縄文人の個性」と掲載していましたが、「日本列島最大級!縄文時代の「あたま」-土器の装飾?土偶?」に変更となりました。 予告 ミュージアムトーク「今月の逸品」今後の予定  9月18日(水)「葛飾北斎が描いたかながわ」 桑山 童奈(当館主任学芸員)
22
23
24
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」学芸員による展示解説
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」学芸員による展示解説
8月24日 全日
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」担当学芸員が、会場内で展示資料を目の前に解説をします。 開講日 2019年7月13日(土)~19日(金), 25日(木), 31日(水)、 8月12日(月・祝), 18日(日), 24日(土)* ,30日(金) 午後1時30分開始、*8月24日のみ午前10時開始 解説者 嶋村 元宏(当館主任学芸員) 会場 特別展示室 参加費 無料(ただし、当日の特別展観覧券が必要) 事前申込 不要
特別展連続講座「近世後期における“海”」(全5回)
特別展連続講座「近世後期における“海”」(全5回)
8月24日 全日
特別展「北からの開国」と同時代の日本と海外の関係を、展示内容から少し離れた視点から語ることでプラスアルファの「知」を提供します。”海”が自然の要害から異国と日本を結ぶ路となった近世後期を対象に、専門の研究者が多角的に論じます。 日時 2019年7月20日, 27日, 8月3日,24日,31日(土)(連続講座 全5回) 各回 午後2時~4時 演題 第1回 7/20  「近世後期における北方へのまなざし」 第2回 7/27  「近世後期の漂流民・漂流記と蘭学者」 第3回 8/3    「近世後期における洋式軍事技術の導入と展開―高島流砲術の創始から用兵・造砲・軍制の改革へ―」 第4回 8/24  「近世後期の江戸湾防備と忍藩・地域」 第5回 8/31  「近世後期の日露関係史とアイヌモシリ ―「蝦夷図」にみる認識と対抗―」 講師 第1回 7/20  嶋村 元宏 (当館主任学芸員) 第2回 7/27  松本 英治 氏(開成高等学校教諭) 第3回 8/3    梶 輝行  氏(横浜薬科大学教授) 第4回 8/24  澤村 怜薫 氏(行田市郷土博物館学芸員) 第5回 8/31  吉村 智博 氏(大阪人権博物館学芸員・国際日本文化研究センター客員准教授) 会場 当館講堂 定員 各回70名(申込み多数の場合は抽選。1回ごとの申込みも受け付けますが、連続講座のため、全5回お申込みの方を優先します。) 受講料 無料(ただし、初回受講日の特別展観覧券が必要) 申込 申込締切 備考 1回ごとでの参加をご希望の場合は、「往復はがき」又は「フォームメール」備考欄に参加希望のお日にちをご記載ください。
25
26
休館日
休館日
8月26日 全日
2019年 4月1,8,9,15,22,23日, 5月13,20,27日, 6月3,10,17,24,25日, 7月1,2,8,9,22,29日, 8月5,19,26日, 9月2,3,9,10,17,24,30日, 10月1,7,21,28日, 11月11,12,18,25,26日, 12月2,9,16,23,24,28,29,30,31日, 2020年 1月1,2,3,4,6,14,20,27,28日, 2月3,4,10,17日, 3月2,9,16,23,24,30日
27
28
29
30
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」学芸員による展示解説
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」学芸員による展示解説
8月30日 全日
特別展「北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―」担当学芸員が、会場内で展示資料を目の前に解説をします。 開講日 2019年7月13日(土)~19日(金), 25日(木), 31日(水)、 8月12日(月・祝), 18日(日), 24日(土)* ,30日(金) 午後1時30分開始、*8月24日のみ午前10時開始 解説者 嶋村 元宏(当館主任学芸員) 会場 特別展示室 参加費 無料(ただし、当日の特別展観覧券が必要) 事前申込 不要
31
特別展連続講座「近世後期における“海”」(全5回)
特別展連続講座「近世後期における“海”」(全5回)
8月31日 全日
特別展「北からの開国」と同時代の日本と海外の関係を、展示内容から少し離れた視点から語ることでプラスアルファの「知」を提供します。”海”が自然の要害から異国と日本を結ぶ路となった近世後期を対象に、専門の研究者が多角的に論じます。 日時 2019年7月20日, 27日, 8月3日,24日,31日(土)(連続講座 全5回) 各回 午後2時~4時 演題 第1回 7/20  「近世後期における北方へのまなざし」 第2回 7/27  「近世後期の漂流民・漂流記と蘭学者」 第3回 8/3    「近世後期における洋式軍事技術の導入と展開―高島流砲術の創始から用兵・造砲・軍制の改革へ―」 第4回 8/24  「近世後期の江戸湾防備と忍藩・地域」 第5回 8/31  「近世後期の日露関係史とアイヌモシリ ―「蝦夷図」にみる認識と対抗―」 講師 第1回 7/20  嶋村 元宏 (当館主任学芸員) 第2回 7/27  松本 英治 氏(開成高等学校教諭) 第3回 8/3    梶 輝行  氏(横浜薬科大学教授) 第4回 8/24  澤村 怜薫 氏(行田市郷土博物館学芸員) 第5回 8/31  吉村 智博 氏(大阪人権博物館学芸員・国際日本文化研究センター客員准教授) 会場 当館講堂 定員 各回70名(申込み多数の場合は抽選。1回ごとの申込みも受け付けますが、連続講座のため、全5回お申込みの方を優先します。) 受講料 無料(ただし、初回受講日の特別展観覧券が必要) 申込 申込締切 備考 1回ごとでの参加をご希望の場合は、「往復はがき」又は「フォームメール」備考欄に参加希望のお日にちをご記載ください。