神奈川県立歴史博物館 浮世絵アイコン神奈川の名所 目次  
ライン
 
トップ画像で見る歴史と文化神奈川を描いた浮世絵神奈川の名所
 
金沢八景 内川暮雪
金沢八景 内川暮雪
カナザワハッケイ ウチカワボセツ
制作年代
天保6〜7年(1835〜36)
サイズ
24.8cm×36.9cm(大判横1枚)
作者名/落款
歌川広重(初代)/広重画
解説

金沢八景は中国の瀟湘八景にちなんで命名された。即ち小泉夜雨、瀬戸秋月、野島夕照、内川暮雪、乙艫帰帆、洲崎晴嵐、平潟落雁、称名晩鐘である。ここでは瀟湘八景の江天暮雪に対応し、雪景色となっている。「木陰なく松にむもれてくるゝともいさしらゆきのみなと江のそら」

 
ライン
 
戻る