このページではJavaScriptを使用しています。

見学会 「『石』から見た横浜の近代化遺産」

いつ:
2016/10/18 全日
2016-10-18T00:00:00+09:00
2016-10-19T00:00:00+09:00

横浜にある近代化遺産の多くは、茨城県や本県などから産出される花崗岩や安山岩などの「石」を建築素材として使用しています。
本見学会では、その「石」の種類や産地に着目し、近代の洋風建築や土木施設の特色を明らかにしつつ、当館周辺の近代化遺産をめぐります。

日時 平成28年10月18日, 11月1, 15, 29日(火)(連続講座 全4回)
午後2時~3時30分
演題 第1回「バーチャル東海道 -東海道分間絵図を読む-」
第2回「浮世絵にみる東海道の名所」
第3回「古文書にみる東海道川崎宿」
第4回「現地見学会 -藤沢宿と浮世絵-」
講師 第1回 古宮 雅明(当館専門員)
第2回 桑山 童奈(当館主任学芸員)
第3回 根本 佐智子(当館非常勤学芸員)
第4回 古宮 雅明・桑山 童奈・根本 佐智子
会場 第1~3回 宇徳ビル8階 会議室(横浜市中区弁天通6-85)
第4回 藤澤浮世絵館 多目的室 集合(JR辻堂駅北口より徒歩5分 ココテラス湘南 7階
定員 30名(申込多数の場合は抽選)
受講料 無料(ただし、現地見学会はレクリエーション保険料として、40円程度が必要です)
事前申込制 事前申込制行事の申込先」を参照の上、お申込みください。
※ 1回ごとの申込みも受付ますが、連続講座のため、全4回お申し込みの方を優先します(申込締切日は同じ)。
申込締切 8月31日(水)必着

このホームページの画像・文章の著作権は、神奈川県立歴史博物館に帰属します。