催し物

講座・講演会

シンポジウム「ワークショップを考える-博物館を感じるということ-」

近年、博物館施設等で多種多様に開催されているワークショップ。しかしながら、その内容や効果について、十分な分析ができておらず、そのフィードバックも不十分な事例が多いことに気が付きます。そこで、本シンポジウムでは、いくつかの事例を挙げ、かつシンポジウムと同時開催のワークショップを事例として、その分析手法や目的の再確認など、参加者とともに考える機会にしたいと思います。

プログラム 事例報告① 「ワークショップのタイポロジー」山口健二 氏
事例報告② 「触発型ワークショップの展開」広瀬浩二郎氏
事例報告③ 「博物館と大学でつくるワークショップ」篠原聰氏
総合討議(パネリスト)
赤木里香子氏、山口健二氏、広瀬浩二郎氏、篠原聰氏
日時 2018年8月25日(土) 午前10時~12時30分
講師 山口 健二 氏(岡山大学 教授)
広瀬 浩二郎 氏(国立民族学博物館 准教授)
赤木 里香子 氏(岡山大学 教授)
篠原 聰 氏 (東海大学 准教授)
会場 当館講堂
受講料 無料(ただし当日の特別展観覧券が必要です。)
定員 70名(申込多数の場合は抽選)
申込 「事前申込のご案内」をご覧ください。
「往復はがき」または「フォームメール」でのお申し込みとなります。
申込締切 2018年8月10日(金)必着

ページトップに戻る