展示

展示案内

開催中・近日開催予定の展示について

特別展

明治150年記念 真明解・明治美術/増殖する(ニュー)メディア
―神奈川県立博物館50年の精華―

開催日程
[前期]平成30年8月4日(土)~9月2日(日)
[後期]平成30年9月4日(火)~9月30日(日)
全52日 ※休館日:月曜日(祝日にあたる9月17日と9月24日は開館)

パンフレットはこちら

明治の美術、特にその前半は横浜を起点としてはじまったといっても過言ではありません。
明治150年の節目を記念した本展では、絵画、彫刻そして印刷を柱として、新たな時代の息吹を今日に伝える、魅力的な作品や資料をご紹介します。 神奈川県立歴史博物館は、前身である県立博物館が1967年に開館して以来、50年間にわたり、横浜に立地することから近代美術を調査研究ならびに収集保管を継続してきました。
近年では特別展として「横浜・東京―明治の輸出陶磁器」「没後100年 五姓田義松―最後の天才―」を開催、またそのほか関連する近代美術の作品や資料を数多くご恵贈いただきました。
本展覧会にならぶ作品の多くが以上の活動のまさに精華といえます。

特別展

鎌倉ゆかりの芸能と儀礼

開催日程
平成30年10月27日(土)~12月9日(日) ※休館日:月曜日

パンフレットはこちら

今秋、鎌倉に伝わる祭礼と中世とのつながり、芸能を通して伝えられる中世の宗教儀礼、そして、そうした信仰が伝えられていく中で残されたさまざまな「モノ」資料や文献、伝えていく営みに注目する特別展「鎌倉ゆかりの芸能と儀礼」を開催します。 祭礼に用いられる調度や道具、芸能や儀礼の痕跡として県内各地に残された古面、儀式を伝える古文書など、多彩な資料が一堂に会します。

トピック展示

明治150年 浮世絵が伝えた明治のできごと

開催日程
2018年9月4日(火)~10月14日(日)

明治150年にあたり、当館の丹波コレクションから明治のできごとを伝える浮世絵をご覧いただきます。

トピック展示

断簡

開催日程
2018年9月12日~10月14日

パンフレットはこちら

館蔵の中世絵画のなかから「断簡」を特集展示します。

トピック展示

五姓田義松 第三期:義松の人物画

開催日程
第三期:2018年9月15日~10月14日

特別展「明治150年記念 真明解・明治美術/増殖する(ニュー)メディア 神奈川県立歴史博物館50年の精華」と連動して、三期にわたり、五姓田義松作品を可能な限り多く並べる。

常設展のご案内

ページトップに戻る