展示

展示案内

開催中・近日開催予定の展示について

特別展

横浜開港160年 横浜浮世絵

開催日程
[前期]2019年4月27日(土)~5月26日(日)
[後期]2019年5月30日(木)~6月23日(日)
※5月28日(火)、5月29日(水)は展示替えのため、本展はご覧いただけません。
※休館日:月曜日(4月29日と5月6日は開館)

パンフレットはこちら

2019年は横浜開港から160年となります。これを機に神奈川県立歴史博物館と川崎・砂子の里資料館の所蔵作品を中心に横浜浮世絵を紹介します。当館において横浜浮世絵の特別展は20年ぶりの開催です。約330点の作品を前期、後期で入れ替えて、「横浜浮世絵」の全容をご覧いただきます。さらに開港の場であった横浜の歴史を後世に伝えようとする二人のコレクター、当館の丹波恒夫と川崎・砂子の里資料館の斎藤文夫の心意気をも感じ取っていただければ幸いです。

特別展

北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―

開催日程
2019年7月13日(土)~9月1日(日) ※8月6日(火)は、展示替えのため閉場(常設展示は観覧可能) ※休館日:月曜日(7月15日(海の日)、8月12日(振替休日)は開館)

パンフレットはこちら

自然の要害として機能していた海が異国と日本とをつなぐ路へと変容したことを踏まえつつ、アメリカに先立ち北から開国を求めたロシアとの関係を浮き彫りにするとともに、「鎖国」を維持するために構築された海防態勢を紹介することで、開国史の新たな視点を提供します。

常設展のご案内

ページトップに戻る