このページではJavaScriptを使用しています。
トップページ>館の概要



神奈川県立歴史博物館ってどんなところ?

 明治37年に横浜正金銀行本店として建てられ、現在国の重要文化財・史跡に指定されている歴史的建造物の中に「かながわの文化と歴史」をテーマとし、神奈川の先史から現代までの資料を展示しています。
 年数回は特別展も開催しており、また、1階の無料ゾーンには、ミュージアムライブラリー、ショップ、喫茶ともしびがあります。
 横浜のみなとみらい地区に隣接するなど、様々な観光施設に囲まれながら、館内では明治時代の雰囲気と神奈川の歴史に触れることができます。他の施設にはないこの空間をぜひ体験してみてください。


ごあいさつ

 神奈川県立歴史博物館は、1967(昭和42)年3月に横浜馬車道に開館した総合博物館の神奈川県立博物館を前身に、同館を改修し1995(平成7)年3月に開館いたしました。
 これ以降、「かながわの文化と歴史」を総合的に扱う唯一の博物館として、現在に至るまで様々な博物館活動を実施してまいりました。
 なお、自然科学系部門は、小田原の地に移転し「神奈川県立生命の星・地球博物館」として開館しております。
 皆様にご覧いただく常設展は、古代から現代に至る時代を5つに分け、人々の生活や信仰、政治や経済の変化、外来文化の影響など、さまざまな歴史的視点で展示を展開しております。
 また、学芸員の研究成果をもとに常設展とは異なった切り口で展開する特別展や、豊富な館蔵資料を基に実施する特別陳列、コレクション展を定期的に開催しております。
 なお、県立博物館開館以来の皆様のご支援、ご協力により、当館が収蔵する資料も5万点を超える規模に達しました。これらを基に調査研究も積極的に行い、その研究成果は研究報告書や論文によって公開し、また特別展などの展示事業に活かしております。
 また、展示への理解を深めるとともに博物館に親しみを持っていただけるよう、各種講座・講演会の開催や校外学習による当館見学の支援、子ども向け体験講座の実施を行ってまいりました。
 しかしながら、開館してから20年を経て、館内設備の老朽化が次第に進んでまいりました。特に、資料を守るためにも適切に稼動していることが求められる空調設備の更新は、貴重な資料を未来に継承していくために必要不可欠なことです。そこで、今年度5月30日から平成30年4月までの約2年間をかけて改修工事を実施いたします。この工事には、資料や事務所の移転が必要となります。誠に恐縮ですが、展示やライブラリの利用を休止させていただきます。
 なお、展示以外の博物館活動は、移転した事務所を拠点に積極的に実施することとしております。各種講座・講演会は10月から大幅に回数を増やして開催し、皆様の学習支援にできる限り貢献してまいりたいと考えております。
 また、ホームページやツイッターにより、休館中の活動状況を継続的に発信し、情報のタイムリーな提供に努めてまいります。
 しばらくの間ご不便をおかけすることになりますが、何卒ご理解・ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

 2016(平成28)年6月

神奈川県立歴史博物館
館長 薄井和男



科学研究費等公的研究費の不正使用防止に関わる当館の規程等


このホームページの画像・文章の著作権は、神奈川県立歴史博物館に帰属します。