新着情報

常設展示資料の大幅な展示替えをしました。(2019/07/05)

当館常設展示室は、原始/古代・中世・近世・近代・現代/民俗の5つのテーマにより構成され、3階展示室から展示資料を時代順に見ることができます。
また、定期的に展示資料の一部展示替えを行っております。

今回、夏休みの前に、大幅に展示替えを行いましたので、展示替をした資料の一部をご紹介します。


高浮彫風神雷神花瓶

石樵昌安 筆 鉄山宗鈍 賛
渡唐天神像

菩薩半跏像

東京開化名勝京橋石造銀座通り両側煉化石商家盛栄之図

勇魁三十六合戦 四

盆棚

鹿児島新聞 熊本城戦争図

上記以外にも展示替をした資料がございます。ぜひ、当館でご覧ください。

※常設展の展示内容概要はこちら

※7月13日(土)開催 特別展「北からの開国-海がまもり、海がつないだ日本-」も併せてご観覧ください。

観覧料( )内は20名以上の団体の場合

※特別展「北からの開国-海がまもり、海がつないだ日本-」の観覧料です。特別展観覧料は毎特別展ごとに違います。

区分 特別展・常設展
セット料金
特別展※ 常設展
一般 1,100円(1050円) 900円(800円) 300円(250円)
20歳未満・学生 700円(650円) 600円(500円) 200円(150円)
65歳以上 250円(250円) 200円(150円) 100円(100円)
高校生 200円(200円) 100円(100円) 100円(100円)
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方 無料

ページトップに戻る