当館について

図録等

江戸時代 かながわの旅ー「道中記」の世界ー

江戸時代 かながわの旅ー「道中記」の世界ー

江戸時代に旅の基本情報や名所旧跡の紹介を記した出版物を道中記といいます。現在の神奈川県域には東海道の宿駅が川崎から箱根まで九つあったほか、金沢八景、鎌倉、江の島、大山など江戸からの小旅行を楽しめる観光地がありました。道中記や浮世絵をひもときながら、江戸時代の”かながわ”を旅する内容の図録です。

【割引前】943円→【割引後】462円 / 平成25年度 / 96頁

神奈川県民俗調査報告21 分類神奈川県方言辞典(Ⅰ) ―自然・動物・植物―

神奈川県民俗調査報告21 分類神奈川県方言辞典(Ⅰ) ―自然・動物・植物―

昭和49年から昭和53年まで実施した神奈川県方言辞典編纂のための委託調査をもとに編集した方言辞典の第1集で、自然、動物、植物に関する語彙約14,000語を収録。

【割引前】550円 → 【割引後】330円 / 平成15年度 / 103頁

掃部山銅像建立110年 井伊直弼と横浜

掃部山銅像建立110年 井伊直弼と横浜

横浜市西区掃部山公園には、幕末の大老で日米修好通商条約を締結し横浜を開港へと導いた井伊直弼の銅像が建っています。像が建立されたのは横浜開港50年を迎えた明治42(1909)年です。建立には旧彦根藩士で横浜正金銀行頭取を務めた相馬永胤が深く関与し、像の台座は横浜正金銀行本店本館を設計した妻木頼黄が手がけました。井伊直弼銅像建立より110年を経て、文化人としても事蹟を残した井伊直弼の人となりや、銅像建立を通して直弼に思いを致す人々の動向、開港の町のランドマークとして親しまれた様子などを語る多彩な資料を収録しました。

令和元年度 / 1,500円 / 160頁

桜井家文書-戦国武士がみた戦争と平和-

桜井家文書-戦国武士がみた戦争と平和-

当館所蔵の「桜井家文書」は、戦国時代の武士桜井氏の家伝文書です。全30点からなる文書群のなかには、戦国大名北条氏や越前藩主の結城秀康・松平忠直といった激動の戦国時代を生きた有名な大名たちの発給文書や、桜井氏自身が作成した戦功覚書「我等はしりめくり之覚」が収められています。本図録では古文書全点をオールカラーで掲載し、各文書には釈文と解説を付け、さらにコラムも充実。古文書好きにはたまらない見応え十分な展示図録となっています。

令和元年度 / 700円 / 48頁

時宗二祖上人七百年御遠忌記念  真教と時衆

時宗二祖上人七百年御遠忌記念 真教と時衆

時宗を開いた一遍の跡を受け、教団としての体制を整えた《二祖》真教。文保3(1319)年に没して700年の御遠忌にあたり、真教の事蹟とともに、時宗の信仰と文化財を紹介します。時宗総本山清浄光寺(遊行寺)、真教ゆかりの無量光寺、真教の寿像を伝える蓮台寺など古刹も多い神奈川の地ならではの展示を、カラー図版と解説、関連地図、3本の論考等でお楽しみください。

令和元年度 / 2,000円 / 144頁

北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―

北からの開国 ―海がまもり、海がつないだ日本―

日本の開国は、北から始まった!
18世紀末から開国通商を求めたロシアとの関係を通し、当時のロシアに関する知識の日本への伝播や「鎖国」を維持するためにことある毎に実施された海岸防御施設の巡見、三浦半島に設置された台場や陣屋の絵図を通して、ペリーを擁したアメリカによる日本開国史に一石を投じる、読み応えのある図録です。

令和元年度 / 1,018円 / 128頁

横浜開港160年 横浜浮世絵

横浜開港160年 横浜浮世絵

横浜浮世絵338点をオールカラーで掲載!

平成31年度 / 1,527円 / 272頁

屏風をひらけばー神奈川県立歴史博物館所蔵の屏風絵ー

屏風をひらけばー神奈川県立歴史博物館所蔵の屏風絵ー

特別陳列「屏風をひらけば―神奈川県立歴史博物館所蔵の屏風絵―」の開催に合わせて発行した図録。同館が所蔵する屏風絵をほぼ全点収録する。表紙には優しい風合いの紙を選び、屏風裏に貼られる唐紙の意匠と手触りを再現しました。

平成30年度 / 763円 / 38頁

鎌倉ゆかりの芸能と儀礼

鎌倉ゆかりの芸能と儀礼

鎌倉に伝わる祭礼と中世とのつながり、芸能を通して伝えられる中世の宗教儀礼、そして、そうした信仰が伝えられていく中で残されたさまざまな「モノ」資料や文献、伝えていく営みに注目した特別展の図録。

平成30年度 / 1,527円 / 176頁

明治150年記念  真明解・明治美術/増殖する<ruby>新<rp>(</rp><rt>ニュー</rt><rp>)</rp></ruby>メディア<br>―神奈川県立博物館50年の精華―

明治150年記念 真明解・明治美術/増殖する(ニュー)メディア
―神奈川県立博物館50年の精華―

明治の美術、特にその前半は横浜を起点としてはじまったといっても過言ではありません。 明治150年の節目を記念した本展では、絵画、彫刻そして印刷を柱として、新たな時代の息吹を今日に伝える、魅力的な作品や資料をご紹介します。

平成30年度 / 1,018円 / 240頁

神奈川県博開館51周年記念 つなぐ、神奈川県博 ―Collection to Connection―

神奈川県博開館51周年記念 つなぐ、神奈川県博 ―Collection to Connection―

前身である神奈川県立博物館の開館から51周年を迎えるのを記念して開催した特別展の図録。50数年間で収集してきた館蔵品が有する、さまざまな「つながり」を探る試み。初掲載の資料多数あり。表紙には当館建物(旧横浜正金銀行本店本館)の壁面の凹凸を再現しました。

平成30年度 / 1,018円 /168頁

まぼろしの紙幣 横浜正金銀行券 ―横浜正金銀行貨幣紙幣コレクションの全貌―

まぼろしの紙幣 横浜正金銀行券 ―横浜正金銀行貨幣紙幣コレクションの全貌―

当館は横浜正金銀行に関連する資料を数多く収集してきました。その代表格が中国大陸のみで発行された紙幣、横浜正金銀行券です。現在では希少な「まぼろしの紙幣」87種類の全貌を紹介した特別展の図録。

平成28年度 / 1,018円 / 144頁

線と色のきらめき ―神奈川県立歴史博物館所蔵五姓田義松作品選―

線と色のきらめき ―神奈川県立歴史博物館所蔵五姓田義松作品選―

特集展示「五姓田義松」ミニ解説パンフレット。

平成27年度 / 304円 / 16頁

国宝 一遍聖絵

国宝 一遍聖絵

国宝「一遍聖絵」は、宗教者一遍の行状を描いた鎌倉時代の名品で国内最古の絹本著色絵巻です。その絵巻を、遊行寺宝物館、県立歴史博物館、県立金沢文庫の三館で全十二巻全巻を同時に一般公開した特別展の図録。

平成27年度 / 2,000円 / 232頁

中世東国の茶 ―武家の都鎌倉における茶の文化―

中世東国の茶 ―武家の都鎌倉における茶の文化―

密教に組み込まれた煎茶、禅宗・律宗とともに広まった抹茶、闘茶の流行に始まる喫茶文化など、鎌倉を中心とした喫茶文化を辿る特別展の図録。

平成27年度 / 713円 / 128頁

白絵 ―祈りと寿ぎのかたち―

白絵 ―祈りと寿ぎのかたち―

人々の生命にかかわる場に現れる〈白〉の造形には、どのような祈りが込められていたのか。白一色による表現を選び取った「白絵」という〈かたち〉に注目し、人々の意識の奥底に受け継がれた、祈りと寿ぎの美のあり様を考える特別展の図録。

【割引前】1,223円→【割引後】605円 / 平成26年度 / 112頁

明治大学 クリスチャン・ポラック コレクション 繭と鋼 ―神奈川とフランスの交流史―

明治大学 クリスチャン・ポラック コレクション 繭と鋼 ―神奈川とフランスの交流史―

日本在住のクリスチャン・ポラック氏は日仏文化交流の研究者で、浮世絵、古写真、絵画など実物資料を多数収集してきました。現在は明治大学図書館が所蔵しているそれらのコレクションを通じて、幕末明治の神奈川の姿を紹介する特別展の図録。

平成26年度 / 2,000円 / 160頁

眞葛焼 ―田邊哲人コレクションと館蔵の名品―

眞葛焼 ―田邊哲人コレクションと館蔵の名品―

眞葛焼は、開港後まもない横浜で、宮川香山によって始められたやきものです。当館寄託の田邊哲人コレクションを中心に、館蔵資料を加え、横浜に花開いた眞葛焼の魅力を紹介した特別陳列の図録。

【割引前】524円 → 【割引後】253円 / 平成25年度 / 48頁

「キングの塔」誕生! ―神奈川県庁本庁舎とかながわの近代化遺産―

「キングの塔」誕生! ―神奈川県庁本庁舎とかながわの近代化遺産―

横浜三塔のひとつ「キングの塔」として親しまれている神奈川県庁本庁舎と初代から三代目までの歴代県庁舎建築を中心に、かながわの近代化遺産の魅力を紹介した特別展の図録。

【割引前】733円 → 【割引後】363円 / 平成25年度 / 88頁

観光地鎌倉と鎌倉彫

観光地鎌倉と鎌倉彫

神奈川県を代表する観光地鎌倉が形成されてきた様子を観光案内図や土産物、写真、絵画や工芸品などから振り返るとともに、鎌倉を代表する工芸品である鎌倉彫を紹介した特別展の図録。

【割引前】943円 → 【割引後】462円 / 平成24年度 / 96頁

ペリーの顔・貌(かお)・カオ ―「黒船」の使者の虚像と実像―

ペリーの顔・貌(かお)・カオ ―「黒船」の使者の虚像と実像―

日本中で最も知られる外国人の一人、ペリー。その肖像画がどのように描き伝えられたのかを紹介した特別展の図録。

【割引前】1,048円 → 【割引後】517円 / 平成24年度 / 112頁

ヨコハマ・ヨコスカ ストーリー ―二つの港町の戦後文化―

ヨコハマ・ヨコスカ ストーリー ―二つの港町の戦後文化―

太平洋戦争後、連合国軍に占領された二つの港町で繰り広げられた戦後文化の様相を、映画や娯楽、食べ物やファッションなどにより紹介した特別展の図録。

【割引前】1,048円 → 【割引後】517円 / 平成24年度 / 160頁

竹と民具 ―竹とともに暮らす―

竹と民具 ―竹とともに暮らす―

竹が持つ優れた特性により多種多様な竹製の民具が作られてきたが、これらを通して竹とともに暮らしてきた人々の生活の知恵を紹介した特別展の図録。

【割引前】1,152円→【割引後】572円 / 平成23年度 / 88頁

浮世絵☆忠臣蔵 ―描かれたヒーローたち!?―

浮世絵☆忠臣蔵 ―描かれたヒーローたち!?―

浄瑠璃や歌舞伎だけでなく出版物も人々に愛されてきた忠臣蔵の物語。色鮮やかな浮世絵に描かれた忠臣蔵の世界を紹介する。

【割引前】1,048円 → 【割引後】517円 / 平成22年度 / 80頁

横浜開港百五十年 ―神奈川・世界との交流―

横浜開港百五十年 ―神奈川・世界との交流―

同タイトルの特別展の図録。同展は、開港によって、西洋をはじめとする国際社会と本格的に交流することとなった横浜の諸相を、異文化の衝突と融合を切り口に紹介した。

【割引前】1,991円 → 【割引後】792円 / 平成21年度 / 160頁

ようこそかながわへ ―20世紀前半の観光文化―

ようこそかながわへ ―20世紀前半の観光文化―

吉田初三郎「神奈川県鳥瞰図]原画をはじめ、各種パンフレット、駅弁掛紙、絵画など神奈川県の観光文化の特色を紹介した特別展の図録。

【割引前】1,152円 → 【割引後】451円 / 平成19年度 / 96頁

神奈川県民俗調査報告24 分類神奈川県方言辞典(IV) ―娯楽、行動・性情、時間・空間、その他―

神奈川県民俗調査報告24 分類神奈川県方言辞典(IV) ―娯楽、行動・性情、時間・空間、その他―

昭和49年から昭和53年まで実施した神奈川県方言辞典編纂のための委託調査をもとに編集した方言辞典の第4集で娯楽、行動・性情、時間・空間などに関する語彙約4,950語を収録し、本集で完結。また、伊川公司氏の「横浜ことば」とその解説を収録。

【割引前】786円 → 【割引後】308円 / 平成18年度 / 106頁

大漁の証 万祝(まいわい)

大漁の証 万祝(まいわい)

万祝とは大漁を祝い、船主や網元が船子・網子に贈った祝着で、縁起物や昔話の絵柄が鮮やかな色で描かれた。房総半島や神奈川県域で作られた多様な万祝を紹介した特別展の図録。

【割引前】682円 → 【割引後】264円 / 平成18年度 / 64頁

神奈川県民俗調査報告23 分類神奈川県方言辞典(III) ―社会生活・経済生活・人の一生・儀礼と信仰―

神奈川県民俗調査報告23 分類神奈川県方言辞典(III) ―社会生活・経済生活・人の一生・儀礼と信仰―

昭和49年から昭和53年まで実施した神奈川県方言辞典編纂のための委託調査をもとに編集した方言辞典の第3集で、社会生活、経済生活、人の一生、儀礼と信仰に関する語彙約3,200語を収録。

【割引前】629円 → 【割引後】242円 / 平成17年度 / 78頁

再編十周年記念 館蔵美術工芸名品展

再編十周年記念 館蔵美術工芸名品展

歴史博物館の開館10周年を記念した特別展図録。中世を中心に絵画・彫刻・工芸など館蔵の優品87点を紹介。

【割引前】891円 → 【割引後】352円 / 平成17年度 / 48頁

神奈川県民俗調査報告22 分類神奈川県方言辞典(II) ―身体と健康・服飾・飲食・住居―

神奈川県民俗調査報告22 分類神奈川県方言辞典(II) ―身体と健康・服飾・飲食・住居―

昭和49年から昭和53年まで実施した神奈川県方言辞典編纂のための委託調査を元に編集した方言辞典の第2集で、身体と健康・服飾・飲食・住居に関する語彙約1,950語を収録。

平成16年度 / 515円 / 64頁

かながわの三匹獅子舞 ―獅子頭の世界―

かながわの三匹獅子舞 ―獅子頭の世界―

神奈川県内に伝承される三匹獅子舞を紹介するとともに、飛鳥時代からの獅子頭の系譜と、獅子頭以外の多様な獅子の様相を取り上げ、獅子頭の世界を紹介した特別展の図録。

【割引前】1,100円 → 【割引後】440円 / 平成16年度 / 72頁

重要文化財 ―かながわ考古展―

重要文化財 ―かながわ考古展―

神奈川県文化財保護条例制定50周年を記念して、国及び神奈川県が指定した国宝・重要文化財等26件を紹介した特別展の図録。

【割引前】1,467円 → 【割引後】583円 / 平成15年度 / 136頁

80年目の記憶 関東大震災といま

80年目の記憶 関東大震災といま

2003年が関東大震災から80年目にあたることから生々しい様子を伝えた当時の新聞や、書類、写真、絵葉書、絵画を掲載し、関東大震災の社会に及ぼした影響について改めて考え、また、将来に向けた防災対策の現状についても紹介した図録。

【割引前】1,257円 → 【割引後】495円 / 平成15年度 / 112頁

四都美人装い競べ ―京・大坂・江戸・名古屋―

四都美人装い競べ ―京・大坂・江戸・名古屋―

肉筆浮世絵の美人画と衣装を中心に、、当時の髪型を再現した結髪モデル・髪飾り・化粧道具などを加え、江戸時代の四都美人ファッションの美しさを紹介した図録。

【割引前】1,257円 → 【割引後】495円 / 平成15年度 / 112頁

日韓交流とFOOTBALL

日韓交流とFOOTBALL

日本・韓国で共同開催されたサッカーワールドカップの記念文化催事として、サッカーを中心として朝鮮通信使など日韓交流の諸相を紹介した図録。

【割引前】524円 → 【割引後】209円 / 平成14年度 / 32頁

遼寧省・京畿道・神奈川県文物展 ―名宝にみる文化交流の軌跡―

遼寧省・京畿道・神奈川県文物展 ―名宝にみる文化交流の軌跡―

神奈川県と友好提携を結んでいる中国遼寧省、韓国京畿道の三地域の文物を青銅器・金工、陶磁器、絵画、書・典籍及び漆工と、分野別に一堂に紹介した図録。

【割引前】1,257円 → 【割引後】495円 / 平成13年度 / 180頁

王家の肖像 ―明治皇室アルバムのはじまり―

王家の肖像 ―明治皇室アルバムのはじまり―

近代国家を形成し維持する体制の中で、その頂点となった明治天皇の肖像画の変貌をとおして、近代肖像画の系譜と時代の視線が視覚の世界を変容させていくことを具体的に紹介した図録。

【割引前】1,886円 → 【割引後】748円 / 平成13年度 / 146頁

神奈川県立歴史博物館 総合案内

神奈川県立歴史博物館 総合案内

神奈川の歴史を五つの時代にわけて構成された総合テーマ展示室(常設展示)の説明(写真入り)及び当館の施設案内。

平成13年度 / 1,030円 / 88頁

関東水墨画の200年 ―中世にみる型とイメージの系譜―

関東水墨画の200年 ―中世にみる型とイメージの系譜―

15・6世紀の室町時代に、関東を中心として広い地域で活躍した祥啓やその画系、 関東の狩野派、雪村、式部などの関東水墨画独自の図様や筆法を紹介した図録。

平成10年度 / 2,366円 / 224頁

木と民具 ―暮らしの知恵と工夫―

木と民具 ―暮らしの知恵と工夫―

木の形態・材質などの自然の特徴を利用して作られたさまざまな「木の民具」を紹介した図録。

【割引前】419円 → 【割引後】121円 / 平成10年度 / 64頁

COLLECTION 20

COLLECTION 20

神奈川県立歴史博物館所蔵の名品20点を紹介した図録。

【割引前】210円 → 【割引後】55円 / 平成10年度 / 24頁

蔵品選集

蔵品選集

当館所蔵の膨大な数に上る資料の中から、特に中世資料を中心に若干の古代及び近世資料を収めた館所蔵品の図録。

平成7年度 / 930円 / 108頁

ページトップに戻る