当館について

キャラクター「パンチの守」

ワターシは「パンチの守」150年前に生まれた諷刺誌『ジャパン・パンチ』のキャラクターじゃ。横浜のようすを描いて、ヨーロッパの人たちに日本のことを知らせたのじゃ~。明治のマンガ家は、ワターシを見て育ったんじゃ。

当館営業部長の「パンチの守」が 博物館の最新情報を配信中です!

『ジャパン・パンチ』の作者
チャールズ・ワーグマン

1832年に、イギリスのロンドンで生まれました。
1857年、報道画家として中国へ。
1861年、日本に来ました。
1891年に亡くなるまで、ずっと横浜に暮らしました。
ワーグマンの仕事は、日本の絵を描き文章を書くこと。
ヨーロッパの人たちに日本のことを知らせるためにやって来たんだよ。

出身地 開港場横浜 誕生日 1862年3月20日
身長 6尺(丁髷を含む)およそ180cm 体重 18貫・およそ68kg
チャールズ・ワーグマン 趣味 お絵かき
好きな食べ物 まんじゅう お仕事 神奈川県立歴史博物館営業部長
パンチの守
2018.05.08

5月9日はあいすくりーむの日じゃ!

アイスクリーム発祥の地・馬車道での記念イベントに、ワターシも参加するぞ!

パンチの守
2018.04.24

再開館から3日間無料で観覧できるぞ!!

2018年4月28日(土)~30日(月・休)の3日間、久しぶりに皆に会えるぞ!

ページトップに戻る