催し物

講座・講演会

県博セミナー「永福寺から文化と権力を考える」(連続講座 全5回)

永福寺が鎌倉幕府・鎌倉御家人にとってどんな役割を果たしたのか。そんな疑問へ、考古学・美術史学・文献史学の研究者がそれぞれの分野からアプローチしてお答えする講座です。平泉藤原氏との関連や、永福寺を支えた鎌倉の仏教、永福寺式軒瓦、仏師運慶の造像、音楽文化と御家人本拠への伝播などなど、様々な論点から解き明かします。

日時 2022年10月23日, 30日,11月 6日, 13日, 20日(全て日)(連続講座 全5回)
各回 午後1時30分~3時30分
演題 第1 10/23  「平泉藤原氏の文化と権力」
第2 10/30  「鎌倉幕府の仏教と永福寺」
第3 11/6    「永福寺瓦と鎌倉御家人」
第4 11/13  「永福寺と運慶」
第5回 11/20  「鎌倉幕府の音楽と御家人本拠の荘厳」
講師 第1 10/23    八重樫  忠郎  氏(岩手大学平泉文化研究センター客員教授)
第2 10/30    平  雅行  氏  (大阪大学名誉教授)
第3 11/6      小林  康幸  氏 (鎌倉市職員)
第4 11/13    山本  勉  氏  (鎌倉国宝館長・半蔵門ミュージアム館長)
第5回 11/20    渡邊  浩貴    (当館学芸員)
会場 当館講堂
定員 各回50名(申込み多数の場合は抽選。1回ごとの申込みも受け付けますが、連続講座のため、全5回お申込みの方を優先します。)
受講料 各回 1,000円(各回受講後に特別展の観覧が可能です。受講前の観覧には別途チケットが必要です)
申込 「事前申込のご案内」をご覧ください。
「往復はがき」または「フォームメール」でのお申し込みとなります。
申込締切 2022年9月27日(火)必着
申込受付は終了しました
備考 1回ごとでの参加をご希望の場合は、「往復はがき」又は「フォームメール」備考欄に参加希望のお日にちをご記載ください。
注意事項 ・ご来館される前にこちらをご確認ください。
・館内及び受講中の常時マスク着用をお願いします。
・感染防止策チェックリストはこちらをご確認ください。
・新型コロナウイルス感染防止のため、急きょ中止・変更になる場合がございます。その場合は、このページにてお知らせします。

ページトップに戻る