コラム

第十六回「ずばり 企画担当(T.T)イチオシ!」

2018/9/14

展覧会の最終盤付近が、いつものことながら体に相当こたえています。
フラフラな企画担当(T.T)です。
フラフラでも展覧会は頑張ります、だって、素晴らしい作品にあふれているじゃないですか。ぐっとくるものばかりなのですよ。
かれこそ開幕してひと月以上たちまして、よく聞かれるのは、「今回の一番の目玉は?」という質問。全部です、全部。あれこれ順序がつけられないから、こんなにあふれかえってしまうんじゃないですかっ!と逆ギレしてしまう情けない私です、はい、冷静になりましょう。
考えてみて、本展を象徴するモノは、やはり《押絵》ですかね。今でも羽子板などの装飾で見かける押絵。その顔と手の部分が、いわゆる横浜絵の一点。五姓田工房ではないでしょうけれども、その周囲で筆をとっていた誰かの作品と考えるのが自然でしょう。明治の「美術」は、実のところ、今日の「美術」以前の群体。そこから「美術」としてまとまっていくグループ、あるいはそこから逸脱するグループ、それぞれがありました。ここにある押絵などはまさに逸脱するような存在。けれども、明治の技術ですし、造形物として制作販売されていた事実は、当時の絵画や工芸と何ら変わりないはずです。そういう状況をさっと理解させつつ、ユーモラスな姿に、企画担当(T.T)もクスクス笑ってしまうわけです。
さぁ、もうあと2週間で終わってしまいますよ!
秋の大型連休、是非、ご来館のほどを!!!

第十五回「三連休! そして無料公開日へ!」

2018/9/14

第十四回「ショップ頑張っています」

2018/9/11

第十三回「急告! 9月17日(月・祝)無料開館(^O^)」

2018/9/7

第十二回「後期展示、はじまりました!」

2018/9/4

第十一回「日曜美術館アートシーン!」

2018/8/31

第十回「明治を想う 博物館を想う」

2018/8/28

第九回「講座やりました! 展示替にもご注意ください」

2018/8/21

第八回「見どころ! 常設展示で五姓田義松 ナイトミュージアムもやりました」

2018/8/14

第七回「開幕したての展覧会へGo!」

2018/8/7

第六回「明日、いよいよ開幕! ポケット学芸員をよろしく!」

2018/8/3

第五回「図録、お楽しみに!」

2018/7/27

第四回「展示だ!展示だ!」

2018/7/24

第三回「イベントもりだくさん!」

2018/7/20

第二回「明治メガ盛り」

2018/7/10

第一回「特設サイト、はじめました!」

2018/7/3