催し物

講座・講演会

特別展記念講演会「江戸時代後期日露関係の歴史的意義」

18世紀末から19世紀初めの日本とロシアの接触・交渉・紛争が、江戸時代後期の日本の歴史にどのような意義をもったのか考察します。

日時 2019年8月4日(日) 午後2時~4時
講師 藤田 覚氏(東京大学名誉教授)
会場 当館講堂
定員 70名(申し込み多数の場合は抽選)
受講料 無料(ただし、当日の特別展観覧券が必要です)
申込 「事前申込のご案内」をご覧ください。
「往復はがき」または「フォームメール」でのお申し込みとなります。
申込締切 2019年7月10日(水)必着

ページトップに戻る