展示

展示案内

開催中・近日開催予定の展示について

常設展室内トピック展示

四十七人の英雄たち

開催日程
〜2023年2月21日(火)予定 ※休館日:月曜日、1月31日(火)

300年以上日本人の心を掴み、愛された「四十七士」を題材に浮世絵師たちがそれぞれの個性で描いた作品を紹介します。

特別陳列

松平造酒助江戸在勤日記-武士の絵日記-

開催日程
2023年2月18日(土)~4月9日(日) ※休館日:月曜日、2月24日(金)、28日(火)、3月14日(火)、22日(水)

パンフレットはこちら

松平造酒助久茂(まつだいらみきのすけひさしげ)は庄内藩(現山形県鶴岡市周辺)の上級武士で、元治元(1864)年8月より約1年間江戸に在勤し、江戸市中取締を主導する任にあたりました。造酒助は江戸在勤中に50冊にもおよぶ日記を記し、国元の家族へ送っています。この日記にはかわいらしい挿絵がふんだんに描かれ、その挿絵から造酒助の生活やその時の心情を見ることができます。さらに近年には、造酒助の国元である鶴岡市郷土資料館に、造酒助が同時期に国元へ送った100通を超える書簡が収蔵されていることが判明し、日記と書簡の研究から様々なことが解明されました。本展示では、造酒助の江戸における生活や職務、造酒助が見た幕末江戸の様相を紹介します。

常設展のご案内

ページトップに戻る