展示

特別展

神奈川県博開館51周年記念
つなぐ、神奈川県博
―Collection to Connection―

神奈川県立歴史博物館は、その前身である県立博物館が1967年3月に開館して以来、全国でも先駆的な都道府県立の総合博物館として、人文・自然の双方で様々な活動を展開しました。1995年3月に県立歴史博物館として再出発してからも、「かながわの文化と歴史」というテーマのもと、先史時代から現代まで、あらゆる角度から神奈川を見つめ、それを取り巻く世界とのつながりにも目を向けてきました。

2017年には開館から50周年を迎えました。空調等の設備改修工事も完了し、あらたな第1歩を踏み出します。

博物館の根幹にあるものは資料です。それらは時代を越え、たくさんの人々のつながりを経ながら、現在まで伝えられてきました。そこで本展では「つなぐ」をキーワードに、当館が培ってきた多くのつながりを皆さんとともに振り返りながら、ここから未来へとつながってゆく視点をともに考えていきたいと思います。

博物館は古きものを残すだけでなく、それらを通して新たな視点を発見できる場所です。当館は、これからもそれらがもつ多様な価値観を発信していきます。

神奈川県立歴史博物館は、つないでいきます。
 私たちの足もとを見つめ直すための大切なものを―
 神奈川に生きた様々な人たちの思いを―
 そして、まだ見ぬ多様な世界と出会う喜びを―

開催情報

概要

会期:2018年(平成30年)4月28日(土)~ 7月1日(日)開館日数57日
   前期:4月28日(土)~5月27日(日)(前期開館日数:27日)
   後期:5月29日(火)~7月1日(日)(後期開館日数:30日)
    ※絵画・書跡類を中心に一部展示替え予定
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(4月30日は開館)
会場:神奈川県立歴史博物館 特別展示室・コレクション展示室
主催:神奈川県立歴史博物館
再開記念:4月28日(土)~30日(月・休)は特別展・常設展の観覧料無料
観覧料:
一般600円(550円)20歳未満・学生400円(350円)
65歳以上200円(150円)・高校生100円
※中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料
 ( )内は20名以上の団体割引

展示構成

ようこそ、51周年の神奈川県博へ
1 ドーム をつなぐ

2 人 をつなぐ
3 空間 をつなぐ
4 研究 をつなぐ
5 未来 をつなぐ

図録

ミュージアム・ショップのページをご覧ください。

関連資料

関連資料を紹介するリーフレットを作成しました。

特別展関連資料リーフレット

ここで紹介している図書は、ミュージアムライブラリー特設コーナーでご覧いただけます。

関連行事

  • 記念鼎談「神奈川県立博物館からの出発と再編、そしてこれから―ふたりの館長と神奈川新聞記者が語る―」
  • 連続講座「展覧会担当学芸員が語る!それぞれの神奈川県博―あゆみと魅力―」
  • 横浜本町郵便局による風景印押印イベント
  • 旧横浜正金銀行本店本館建物見学会[大人向け・親子向け]
  • 「中世人にならう、手紙の書き方、折り方」[大人向け・子供向け]
  • 「東海道分間絵図をつくる」[大人向け]
  • 「仏像になってみよう」[親子向け]
  • 「はくぶつかんで“にらめっことおえかき”」[親子向け]
  • 学芸員による展示解説

※ 関連行事の詳細は、催し物案内をご覧ください。

開館時の県立博物館
写真:開館時の県立博物館

  
写真 左:十六羅漢図 第九戍博迦尊者
   右:神奈川県博が発掘した弥生時代の卜骨(三浦市間口洞窟遺跡出土)

ページトップに戻る