展示

特別陳列

屏風をひらけばー神奈川県立歴史博物館所蔵の屏風絵ー

本展覧会では屏風という画面形式に着目して、屏風絵ばかりを十数点展示いたします。絵画作品には、掛幅、巻子、襖、壁貼付け、そして屏風など様々な形態がありますが、そのなかでも屏風は、大画面で、なおかつ折りたたんで持ち運ぶことができるという特徴を持ちます。季節やその日の気分に応じて、その場を演出するために用いることができるのです。屏風を立てると、その場が一変し、異空間が生まれるとも言えます。
屏風形式に的を絞っての展覧会は、開館以来、初めての試みで、屏風尽くしの展示室は大画面の迫力にあふれたものになることでしょう。屏風とはどんな形式の作品なのか、また、何が画面に描かれているのかを、できるだけわかりやすく展示したいと考えています。日本美術や博物館にこれまで接する機会がなかった方にもぜひお越しいただきたいと思います。

開催情報

会期・休館日・開館時間

会期:2019年3月2日(土)~3月31日(日)
休館日:月曜日、3月19日(火)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
観覧料:常設展示観覧料でご覧いただけます。
    なお、3月21日は当館の開館記念日のため観覧無料です。
    一般300円(250円) 20歳未満・学生200円(150円)
    65歳以上・高校生100円
※中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料、( )内は20名以上の団体料金
※神奈川県立博物館等の有料観覧券の半券提示による割引制度あり

会場

神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室・コレクション展示室

主催

神奈川県立歴史博物館

展示品について

展示構成


屏風をひらけば、あらわれる大画面
屏風をひらけば、みえてくる物語
屏風をひらけば、ひろがる世界

関連行事

  • 特別陳列関連講座「平家物語と館蔵屏風絵」
  • 特別陳列関連講座「耕作図と館蔵屏風絵」
  • 学芸員による展示解説

※ 関連行事の詳細は、催し物案内をご覧ください。

元信印《山水花鳥図屏風》
元信印《山水花鳥図屏風》 六曲一隻 室町時代
曽我二直菴筆《竹林七賢図》曽我二直菴筆《商山四皓》
曽我二直菴筆《竹林七賢図・商山四皓図》 六曲一双 江戸時代
岡本秋暉筆《花鳥図屏風》
岡本秋暉筆《花鳥図屏風》 六曲一隻 江戸時代

ページトップに戻る