催し物

講座・講演会

講演会 「十王図の図像と転写にみる死生観」

十王図には、冥界の判官である十王に加えて、地獄の責め苦が描かれることが多くあります。責め苦の内容や種類には、おもに描かれた時代により違いが見られます。こうした違いに注目して、中世以来の人々が死後の世界をいかに見ていたのかを考えます。

日時 2021年8月22日(日)午後1時30分~3時30分
講師 橋本 遼太(当館学芸員)
定員 50名(申込多数の場合は抽選)
受講料 無料(ただし、当日の特別展観覧券が必要です。)
申込 「事前申込のご案内」をご覧ください。
「往復はがき」または「フォームメール」でのお申し込みとなります。
申込締切 2021年7月27日(火)必着
注意事項 ・ご来館される前にこちらをご確認ください。※本講演会にお申し込みいただき、受講が決定された方(申し込み多数の場合は抽選のうえ)については、リンク先の入館の事前予約は不要です。
・館内及び受講中の常時マスク着用をお願いします。
・新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、急きょ中止・変更になる場合がございます。その場合は、このページでお知らせします。

ページトップに戻る