催し物

講座・講演会

県博講座「博物館の古文書を読む」(連続講座 全4回)

当館常設展示室に展示されている古文書を取り上げ、古文書の読み方を解説する初心者向けの講座です。常設展示テーマ3の中でも人気の高い神奈川の庶民の旅に関する古文書を用いて読み方を解説します。

日時 2022年1月13日,20日,27日、2月3日(全て木)各回午後2時~3時30分
演題 第1 1/13  「古文書をよむために-旅の心得-」
第2 1/20 「かな文字をよんでみよう-江ノ島への旅から-」
第3 1/27 「漢字をよんでみよう-大山への旅から-」
第4 2/3  「紀行文・日記をよんでみよう-箱根への旅から-」
講師 第1回・第2回 寺西 明子(当館学芸員)
第3回・第4回 根本 佐智子(当館非常勤学芸員)
会場 当館講堂
定員 40名(申込多数の場合は抽選)※1回ごとのお申し込みも受け付けますが、連続講座のため、全4回お申し込みの方を優先します。
受講料 無料(ただし、初回受講日の常設展観覧券が必要です)
※常設展の観覧について:次回以降の受講日の観覧には、その都度当日の観覧券が必要です。
(例:第1回1/13の常設展観覧券で第2回以降の受講日当日の常設展観覧はできません。第2回以降の受講日に常設展を観覧する際は、受講日当日の常設展観覧券がその都度必要となります。)
申込 「事前申込のご案内」をご覧ください。
「往復はがき」または「フォームメール」でのお申し込みとなります。
申込締切 2021年12月14日(火)必着
申込締切間近
注意事項 ・ご来館される前にこちらをご確認ください。
・館内及び受講中の常時マスク着用をお願いします。
・新型コロナウイルス感染防止のため、急きょ中止・変更になる場合がございます。その場合は、このページでお知らせします。

ページトップに戻る