展示

特別陳列

松平造酒助江戸在勤日記-武士の絵日記-

 松平造酒助久茂(まつだいらみきのすけひさしげ)は庄内藩(現山形県鶴岡市周辺)の上級武士で、元治元(1864)年8月より約1年間江戸に在勤し、江戸市中取締を主導する任にあたりました。造酒助は江戸在勤中に50冊にもおよぶ日記を記し、国元の家族へ送っています。この日記にはかわいらしい挿絵がふんだんに描かれ、その挿絵から造酒助の生活やその時の心情を見ることができます。さらに近年には、造酒助の国元である鶴岡市郷土資料館に、造酒助が同時期に国元へ送った100通を超える書簡が収蔵されていることが判明し、日記と書簡の研究から様々なことが解明されました。本展示では、造酒助の江戸における生活や職務、造酒助が見た幕末江戸の様相を紹介します。

※ 混雑時は入場制限をする場合があります

開催情報

ご来館される前にこちらをご確認ください。

会期・休館日・開館時間・観覧料

■会期:2023年2月18日(土)~4月9日(日)

■休館日:月曜日、2月24日(金)、28日(火)、3月14日(火)、22日(水)

■開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

■観覧料:
常設展示観覧料でご覧いただけます。
一般300円(250円)
20歳未満・学生200円(150円)
65歳以上・高校生100円
※( )内は20名以上の団体料金、中学生以下・障害者手帳等をお持ちの方は無料
※神奈川県立の美術館・博物館有料観覧券の半券提出により団体割引料金になります。

会場

神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室 第1室

主催

神奈川県立歴史博物館

協力

鶴岡市郷土資料館

助成

本展覧会はJSPS科研費JP18K00951の助成を受けたものです。

科研費ロゴ

関連動画

神奈川県の動画広報かなチャンTVにて、関連動画を掲載しています。ぜひご覧ください。

特別陳列「松平造酒助江戸在勤日記-武士の絵日記-」紹介動画

特別陳列「松平造酒助江戸在勤日記-武士の絵日記-」の紹介動画

展示構成

  • プロローグ 幕末の庄内藩
  • 1章 松平造酒助
  • 2章 造酒助の江戸在勤生活
  • 3章 造酒助の職務
  • 4章 造酒助の見た江戸
  • 5章 その後の造酒助
  • エピローグ 武士の絵日記と江戸在勤武士の日記

関連資料

主な展示品

   
 正月初ての捕者竹内組高名図 三日明
 松平造酒助江戸在勤日記21冊 元治二年正月三日


 長屋で女性たちのお土産算用をする造酒助
 松平造酒助江戸在勤日記26冊 元治二年二月廿三日


 造酒助怒テハイヲ誅伐之図
 松平造酒助江戸在勤日記31冊 慶応元年四月八日

     
西瓜を整深川の大門出ル図    乙丑六月十九日夜東都於大橋西瓜を割図
松平造酒助江戸在勤日記44冊 慶応元年六月十九日

関連展示

常設展示トピック展「造酒助とかながわ 部下久蔵の江ノ島日帰り旅」
会場:2階 常設展示室テーマ3近世
会期:2月4日(土)~4月9日(日)

関連行事

  • 連続古文書講座「松平造酒助江戸在勤日記を読む」(全3回)
  • 記念講演会「松平造酒助江戸在勤日記の魅力」
  • 学芸員による展示解説

※ 関連行事の詳細は、催し物案内をご覧ください。

ページトップに戻る