展示

特別展

明治150年記念 真明解・明治美術/増殖する(ニュー)メディア
―神奈川県立博物館50年の精華―

明治の美術、特にその前半は横浜を起点としてはじまったといっても過言ではありません。
明治150年の節目を記念した本展では、絵画、彫刻そして印刷を柱として、新たな時代の息吹を今日に伝える、魅力的な作品や資料をご紹介します。

神奈川県立歴史博物館は、前身である県立博物館が1967年に開館して以来、50年間にわたり、横浜に立地することから近代美術を調査研究ならびに収集保管を継続してきました。
近年では特別展として「横浜・東京―明治の輸出陶磁器」「没後100年 五姓田義松―最後の天才―」を開催、またそのほか関連する近代美術の作品や資料を数多くご恵贈いただいきました。
本展覧会にならぶ作品の多くが以上の活動のまさに精華といえます。

開催情報

特別展明治150年記念  真明解・明治美術/増殖する<ruby>新<rp>(</rp><rt>ニュー</rt><rp>)</rp></ruby>メディア<br>―神奈川県立博物館50年の精華―

会期・休館日・開館時間

会期:平成302018)年84日(土)~930日(日)※全52日・会期半ばで展示替
休館日:月曜日(祝日にあたる917日と924日は開館)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

会場

神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室・コレクション展示室

主催

神奈川県立歴史博物館

助成

 

展示構成

プロローグ―明治美術の精華―
第1章 写真と写実―二次元の挑戦―
第2章 見世物から工芸へ―三次元の挑戦―
第3章 版と刷―印刷革命の鼓動―           
エピローグ 「美術」確立の舞台裏

関連行事

  • 入門講座 「明治美術の魅力」
    日時:8月18日(土) 午後2時~午後4時 会場:当館講堂
    講師:角田拓朗(当館主任学芸員)

ページトップに戻る