展示

特別展

かながわへのまなざし

 今から170年ほど前、「鎖国」により中断していた西洋との交流が再びはじまった19世紀半ばの〝かながわ*〟はどのような様子だったのでしょうか。「鎖国」体制下において、安定した社会のもと独自の文化を育んできた日本は、西洋人が訪れたことにより変容しはじめますが、「開国」初期に来日した西洋人は、まだ変容する以前の原風景を多彩な記述とともに、絵画や写真などの画像として記録しています。

 「かながわへのまなざし」と題するこの展覧会は、世界一周旅行も実現可能となり、グローバル化が新たな局面を迎えた19世紀半ば以降に来日した西洋人の眼を通して記録された絵画や写真、あるいは旅行記や滞在記を手がかりに、当時の〝かながわ〟の原風景や人びとの暮らしぶりを中心に紹介するものです。

 彼らにとって非日常であった〝かながわ〟の原風景のどのようなところに関心を持ち、またどのように他の西洋人にそれらを伝えたのでしょうか。 私たちが当たり前であると感じていることについて、他者のまなざしを通すことで、あらためて〝かながわ〟の魅力を再発見してはいかがでしょうか。

【註記】*この展覧会では、神奈川県が成立する以前の江戸時代も対象とすることから、現在の神奈川県域周辺地域を含め「かながわ」と表記しています。

※ 混雑時は入場制限をする場合があります

開催情報

ご来館される前にこちらをご確認ください。

会期・休館日・開館時間・観覧料

■会期:2024年8月10日(土)~10月6日(日)
■休館日:月曜日(ただし、8月12日、9月16日、9月23日は開館)※9月10日(火)は、展示替えのため特別展会場のみ閉室
■開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
■観覧料:( )内は20名以上の団体料金

区分 特別展・常設展
セット料金
特別展 常設展
一般 1100円
(1050円)
900円
(800円)
300円
(250円)
20歳未満
・学生
700円
(650円)
600円
(500円)
200円
(150円)
65歳以上 250円
(250円)
200円
(150円)
100円
(100円)
高校生 200円
(200円)
100円
(100円)
100円
(100円)
中学生以下 無料
  • 学生・生徒の方は学生証・生徒証を、20歳未満・65歳以上の方は年齢の分かるもの(運転免許証など)を受付にお見せください。
  • 身体障害者手帳/療育手帳/精神障害者福祉手帳をお持ちの方は、その現物またはスマートフォンアプリ「ミライロID」の手帳画面を受付にお見せください。介助者は原則 2 名まで無料となります。
  • 教育課程に基づく教育活動として入館する高校生・大学生とその引率者は、事前に減免申請書を提出することにより観覧料が無料になります。
  • 神奈川県立の美術館・博物館(*)の有料観覧券の半券で団体料金になります
    (半券に押印された入館日より6ヶ月以内、1枚1回限り。割引制度の詳細はこちら)。
    * 対象施設
      当館
      神奈川県立近代美術館(葉山館・鎌倉別館)
      神奈川県立金沢文庫
      神奈川県立生命の星・地球博物館
  • 当館は「ぐるっとパス」に参加しています(常設展は無料、特別展は団体料金になります)。
  • 毎月第1日曜日は「ファミリー・コミュニケーションの日」。18歳未満のお子様連れの家族に優待があります。詳細はこちらをご覧ください。

会場

神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室

主催

神奈川県立歴史博物館

後援

神奈川新聞社、朝日新聞横浜総局、毎日新聞社横浜支局、読売新聞横浜支局、産経新聞社横浜総局、東京新聞横浜支局、日本経済新聞社横浜支局、共同通信社横浜支局、時事通信社横浜総局、NHK横浜放送局、tvk(テレビ神奈川)、ラジオ日本、FM ヨコハマ、J:COM

助成

令和6年度地域ゆかりの文化資産を活用した展覧会支援事業

                 

展示ガイド

「展示(音声)ガイド」のページへリンクするバナー

関連行事

  • 記念講演会「ペリー艦隊随行画家が描いたニッポン・かながわ」
  • 記念講演会「異文化をまなざすとは?」
  • 子ども向けイベント「展示室で○○を探そう!」
  • 「学芸員と語り合おう!」(展示室で学芸員と対話しながら鑑賞します。)
  • 特別企画「夜間開館」

※ 関連行事の詳細は、催し物案内をご覧ください。

図録

ミュージアムショップのページをご確認ください。

ページトップに戻る