おうちでヒロシゲ! 大正の広重-江戸の広重

おうちでヒロシゲ! 大正の広重-江戸の広重

神奈川県鳥瞰図

(犬のカメ)パンチの守さまこれはなんですか?

パンチのかみ(パンチの守)おお。これは当館の所蔵品で、昭和7(1932)年に神奈川県の観光推進を目的に作成された「神奈川県鳥瞰図」じゃ。大正から昭和に活躍した吉田初三郎という人が手掛けたものじゃ。吉田初三郎は「大正の広重」とも呼ばれておったのじゃ。

カメ広重?有名な江戸時代の浮世絵師の歌川広重のことですね!じゃあこの「神奈川県鳥瞰図」も浮世絵なんですか!?

パンチのかみ「神奈川県鳥瞰図」は浮世絵ではないぞ。吉田初三郎は、東海道五十三次を描いた広重の仕事に学びながら、洋画と日本画の技術をベースにした独自の名所図絵を描いて後世に残そうとしたのじゃ。そして、そんな姿から「大正の広重」と自他ともに認められるようになったのじゃよ。

カメそうなんですね!当館にも歌川広重の浮世絵が沢山収蔵されていますよね!大正の広重が描いた神奈川県鳥瞰図に沿って、江戸時代の広重が描いた現在の神奈川県の景色を見てみましょうか。

パンチのかみそうじゃのう。せっかくじゃから東海道五十三次の宿場町に沿って見ていこうかのう。ここで紹介する浮世絵がすべて展示されているわけではないのじゃが、当館常設展2階テーマ3近世では東海道五十三次の宿場町について川崎~箱根まで順次浮世絵を展示しているぞ。

もしもしカメよカメさんよ(カメの質問コーナー)

【東海道ってなに?】

カメ江戸時代は東海道といって江戸・日本橋から京・三条大橋に至る道があったんだよ。東海道には53の宿場があり、現在の神奈川県域には、そのうち川崎宿、神奈川宿、保土ケ谷宿、戸塚宿、藤沢宿、平塚宿、大磯宿、小田原宿、箱根宿の9つの宿場があったんだ。この9つの宿場については浮世絵でも多く描かれているんだよ。

【歌川広重って初代と二代と三代がいるの?】

カメ初代歌川広重は江戸時代に「東海道五拾三次」という浮世絵のシリーズを描いて人気を博したんだ。二代と三代は初代歌川広重の弟子なんだ。特に三代は時代が明治に変わったこともあり、外国の文化が日本に入ってきている様子がよく描かれているよ。

 

 第一回 川崎宿(令和3年8月3日公開)

神奈川県鳥瞰図(部分)

神奈川県鳥瞰図(川崎部分)

パンチのかみ初回は川崎じゃ。多摩川が描かれており、「川崎大師」の文字の上、画像の中央には川崎河港水門も見えるのう。「穴守」と書かれているところには「TOKYO AIR PORT」と書かれているのう。

カメ今の羽田空港のあたりですね!「大師競馬場」なんて記載もありますね!昭和7年には大師にも競馬場があったんですね。

東海道五拾三駅名所 川崎宿大師河原真景(天保末期 初代歌川広重)

東海道五拾三駅名所 川崎宿大師河原真景(天保末期 初代歌川広重)

パンチのかみこちらは天保末期、江戸時代に描かれた初代歌川広重の「東海道五拾三駅名所 川崎宿大師河原真景」じゃ。

カメ手前に描かれている川は多摩川ですね!左下には船が描かれていますね!江戸時代は渡し船で多摩川を渡っていたんですね!

東海道五拾三駅 川崎 六郷舟渡し(慶応2(1866)年頃 二代広重)

東海道五十三駅 川崎六郷舟渡し(明治元年・2年 二代広重)

パンチのかみこちらは慶応2(1866)年頃に二代広重により描かれた「東海道五十三駅 川崎六郷舟渡し」じゃ。六郷は多摩川の河口部で川崎の対岸の地名じゃ。多摩川の下流域の別称「六郷川」もこの地名に由来しておるぞ。

カメ初代広重の浮世絵と比べて、河岸が大分整備されているようですが船で渡るのは変わっていませんね!

東海名所改正道中記 四 川崎 神奈川迄二り半 六郷川鉄道(明治8(1875)年 三代広重)

東海名所改正道中記 四 川崎 神奈川迄二り半 六郷川鉄道(明治8年 三代広重)

パンチのかみこちらは明治8年に三代広重によって描かれた「東海名所改正道中記 四 川崎 神奈川迄二り半 六郷川鉄道」じゃ。

カメ二代広重の描いた六郷と三代広重の差が激しすぎませんか!?立派な橋ができて汽車まで走っていますね!でも船もありますね。よく見ると橋は汽車しか通れないくらいの幅しかないですね。

神奈川県鳥瞰図(部分)

神奈川県鳥瞰図(川崎部分)
神奈川県鳥瞰図(川崎部分)
神奈川県鳥瞰図(川崎部分)

パンチのかみさて、では「神奈川県鳥瞰図」で二代広重と三代広重が描いた六郷付近を見てみようかのう?

カメ多摩川にある川崎河港水門の左側あたりが六郷ですよね~。川崎河港水門の左側に橋が3本ありますね!上流の黒い橋と真ん中の黄土色の橋の道は電車が描かれているから鉄道ですね。一番下流の薄茶色の橋の道は車が走っているから鉄道じゃなくて道路ですね!

パンチのかみよく気が付いたのう。上流の黒い橋は現在の東海道線じゃ。真ん中の黄土色の橋の線路は赤い電車が走っていて、「生麦駅」を越えたあたりに「京濱電鉄線」と書かれておるので今の京浜急行じゃ。薄茶色の橋はかつての六郷橋じゃな。

カメ江戸~明治、昭和、こうやってみると時代の流れが見えて面白いですね!

パンチのかみ次回は「神奈川宿」、現在の横浜市神奈川区あたりを見てみることにしようかのう。

 第二回 神奈川宿(令和3年9月7日公開)

神奈川県鳥瞰図(部分)(昭和7(1932)年)

神奈川県鳥瞰図(川崎部分)

パンチのかみ第二回は「神奈川宿」じゃ。現在の横浜市神奈川区あたりじゃが、せっかくだから横浜の港付近を全体的に見ていこうかのう。海にはたくさんの船が描かれておるのう。大桟橋には豪華客船がついているようじゃ。

カメ建物もたくさん描かれていて栄えていますね~。横浜駅やHOTEL NEWGRAND、三溪園などいまでもなじみのあるものも描かれていますね。でも横浜駅のすこし向こうは山や緑が多いですね。

パンチのかみ三溪園の左側には「根岸競馬場」の文字があるのう。

カメ磯子のあたりには「水族館」の文字もありますよ。磯子にも水族館があったんですね!亀もいたのかな?細かく見ていくと面白いですね。

「神奈川県観光図絵」(昭和9(1934)年の表紙)

神奈川県観光図絵」昭和9(1934)年の表紙

カメワンワン、パンチの守さま、これは浮世絵じゃないみたいですが何ですか?

パンチのかみこれは「神奈川県観光図絵」じゃ。「神奈川県鳥瞰図」は昭和7(1932)年に国内外の観光客誘致を目的として、神奈川県観光連合会から委嘱を受けた吉田初三郎が絹地に描いて作成したものなのじゃ。その「神奈川県鳥瞰図」を原画として、「神奈川県観光図絵」という観光案内の印刷物が作られたのじゃ。

カメへえ!う~ん?描かれている女性の背景、どこかでみたことがあるような?

パンチのかみカメよ、よくわかったのう!どこかで見た絵と言うのはこれのことじゃろう?

東海道五拾三次之内 神奈川 台之景(天保4(1833)年頃 初代歌川広重)

東海道五拾三次之内 神奈川 台之景(天保4(1833)年頃 初代歌川広重)

パンチのかみこちらは天保4(1833)年頃の初代歌川広重の「東海道五拾三次之内 神奈川 台之景」じゃ。

カメあ!これだ~!「神奈川県観光図絵」の表紙の背景にそっくりですね!

パンチのかみ「神奈川県観光図絵」の表紙はこの「東海道五拾三次之内 神奈川 台之景」をモチーフにしたものだったのじゃ。「大正の広重」が「初代歌川広重」を意識したんじゃろうな。

 

横浜風景一覧(文久元(1861)年 二代歌川広重)

横浜風景一覧(文久元(1861)年 二代歌川広重)

パンチのかみこちらは文久元(1861)年の二代歌川広重の「横浜風景一覧」じゃ。

カメ黒船が描かれていますね!奥に見えるのは本牧ですね。港に二カ所出っ張っているところがありますが、奥の方が現在の象の鼻あたりかな?

パンチのかみ当時はまだ象の鼻のかたちではなくて、「イギリス波止場」などと呼ばれていたのじゃ。

横浜海岸通之図(明治3(1870)年 三代歌川広重)

横浜海岸通之図(明治3(1870)年 三代歌川広重)

パンチのかみこちらは明治31870)年出版の三代広重の「横浜海岸通之図」じゃ。2021年9月15日現在、常設展示室で展示中の作品じゃぞ。

カメとても活気がありますね!象の鼻もだんだん象の鼻の形になってきていますね!やや、空が赤いですよ!

パンチのかみ「横浜海岸通之図」の空の赤さはまだまだ序の口、明治期にはこれよりも、もっと空一面が赤い浮世絵がたくさん出版されたのじゃ。明治の東京の文明開化の様子を描いた赤い空の浮世絵を「赤絵」と呼ぶんじゃ。三代広重は赤い空の東京の風景もたくさん描いたんじゃ。

神奈川県鳥瞰図(部分)

神奈川県鳥瞰図(部分)

パンチのかみさてカメよ、真ん中の青地に白で書いてある文字は何と書いてあるか読めるかのう?

カメぼくは近所のことは何でも知っているんですよ!「県庁(けんちょう)」、神奈川県庁ですね!

パンチのかみこれは簡単だったかのう。横浜市中区の関内地区には「横浜三塔」と総称される近代の歴史的建造物があるのじゃ。

カメ「横浜三塔」!知っていますよ!神奈川県庁本庁舎が「キングの塔」、横浜税関本関庁舎が「クイーンの塔」、横浜市開港記念会館が「ジャックの塔」ですよね!

パンチのかみそのとおりじゃ!「キング」「クイーン」「ジャック」は、昭和初期に横浜港へ入港した外国人の船員たちにより名付けられたと言われておるのじゃ。それぞれに特徴的な塔を持つこれらの建物は、港・横浜のシンボルとして今も親しまれているのじゃ。

カメ当館では「神奈川県庁舎」の建設時に作成された図面を保管していて、2021年9月7日現在一部を展示しているよ!詳細は2021年7月の「今月の逸品」を確認してね!

神奈川県庁本庁舎外観
西側立面図
神奈川県庁本庁舎大会議場
三階議場詳細(正面図)

パンチのかみちなみに当館の屋上のドームは「エースのドーム」とも呼ばれているのじゃ!次回は「保土ケ谷宿」じゃ!

 第三回 保土ケ谷宿(令和3年10月26日公開)

神奈川県鳥瞰図(保土ケ谷部分)

神奈川県鳥瞰図(保土ケ谷部分)

パンチのかみ第3回は「保土ケ谷」じゃ。神奈川県鳥瞰図では「児童遊園地」の文字が見えるのう。

カメ児童遊園地は今でもありますね。細かいところまで描かれていますね。

東海道五拾三次 保土ケ谷 新町橋(天保4年頃初代広重)

東海道五拾三次 保土ケ谷 新町橋(天保4年頃初代広重)

パンチのかみこちらは天保4年頃に描かれた初代歌川広重の「東海道五拾三次 保土ヶ谷 新町橋」じゃ。

カメ帷子(かたびら)川が描かれていますね!多摩川には橋はかかっていなかったのに帷子川にはかかっているんですね!

パンチのかみ多摩川には何度か橋を架けたこともあるんじゃが流されてしまったのじゃ。

東海道五拾三駅 程ヶ谷 かたびら橋(慶応~明治2年 二代広重)

東海道五拾三駅 程ヶ谷 かたびら橋(慶応~明治2年 二代広重)

パンチのかみこちらは二代広重が描いた「東海道五拾三駅 程ヶ谷 かたびら橋」じゃ。初代歌川広重の描いた新町橋は「帷子橋」や「大橋」とも言われたのじゃ。

カメへえ!初代にも二代にも描かれている橋か~。今はどんな風になっているのかな?

パンチのかみそうじゃのう。ワターシも気になるのでカメよ、ちょっと見てまいるのじゃ。

カメかしこまりました!

現在のかたびら橋のモニュメント
かたびら橋の歴史の看板

カメ旧帷子橋跡としてモニュメントがありましたよ!看板もあったので勉強してきました!

パンチのかみうむうむ。ご苦労じゃったのう。少しでも当時の面影が感じられるものが今も残っているというのは風情があるのう。

カメ浮世絵を見ないで行くと見過ごしてしまいそうでしたが、浮世絵を見てから行ったので楽しかったです!

 

東海名所改正道中記 六 程が谷 戸塚迄二り九丁 境木の立場(明治8年2月三代広重)

東海名所改正道中記 四 川崎 神奈川迄二り半 六郷川鉄道(明治8年 三代広重)

パンチのかみ続いて三代広重が明治8年に描いた「東海名所改正道中記 六 程が谷 戸塚迄二り九丁 境木の立場」じゃ。武蔵国と相模国の堺だから境木なんじゃな。

カメ人力車が描かれていますね!よく見ると松の木に電信線がかかっていますよ!

パンチのかみなになに。左上には「山の端に茶屋あり松の生木ニはりがねかゝりかまくらやまの景色よろしく」と書かれているのう。はりがねとは電信線のことかのう。

カメ明治になって日本の景色に、外国の文化が入ってきたんですね! 題名に出て来る「立場(たてば)」っていうのはどういう意味ですか?

パンチのかみ立場というのは宿場と宿場の間にあって、旅人や人足などが休む場所のことじゃ。

カメ保土ケ谷宿と戸塚宿の間の休憩所なんですね!お茶屋さんもありますね!鎌倉山の景色を見ながらお茶を飲んで休憩できるなんていいですね~。

パンチのかみそうじゃのう。次回は「戸塚宿」じゃ!

ホームおうちでかながわけんぱく >おうちでヒロシゲ! 大正の広重-江戸の広重

ページトップに戻る